スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「AQUA」

昨日から試作を始めてるんですが、「水に入れる....」というよりも、これはスイム
ウェア用の生地なので、「水に入るためのウェア」ですね。



せっかく新しいものを試作するのに、単色ではおもしろくないので...3トーンに
してみました。(^^)
DSC_1915_convert_20150319184845.jpg


写真では、わかりにくいんですが...実際に触ると、まったく違う生地です。
ポリエステルと、ポリウレタンが入ってるので...ツルツルで、伸び伸びの生地です。
触れば...すぐに、水着の生地だと判ります。
画像だけ見ると、通常のオリジナルTシャツと区別がつきにくいので...「AQUA」と
入れました。
DSC_1914_convert_20150319184823.jpg


通常のオリジナルTシャツは、1wayストレッチで...横方向にストレッチするように
裁断してます。
人間用の場合でも、1wayはだいたい同じです。

これは、2wayストレッチの生地で...縦横両方に伸びます。
実は...めちゃくちゃ縫いにくいんです。(^^;)
DSC_1916_convert_20150319184913.jpg



上がオリジナルのブルーです。
若干、色も違いますね。
DSC_1922_convert_20150319192925.jpg



遊び心で...3トーンにしたので、斜めから見ると...こんな感じです。
着丈と、袖の長さをほんの少し短くしました。
DSC_1917_convert_20150319185008.jpg



こういう方向から見ることは...あまりないかもしれませんが、前からだと...こんな感じ。
サイクルウェアみたいですね。(^^)
DSC_1919_convert_20150319185040.jpg

水着の生地なので、水に入ることは何も問題ないんですが...2wayストレッチの生地
は、犬の歯や爪がくい込みやすいんです。(^^;)
ガウガウやると...すぐに穴が開いたり、破れたりするかもしれませんね。(^^;)
めちゃくちゃ作りにくいし、生地の値段も高いし、どうしようか?....思案してます。(^^;)
スポンサーサイト

スキーのこと

もう...雪の上から離れて10年以上、競技の世界からは20年以上経ちます。
若い頃、僕はアルペンスキーをしていたんですが...何年過ぎても思い出すことは
たくさんあります。
人間、感覚やフィーリングというものは...完全には消え去ることもないかもしれません。

この写真は、現役最後の年だったと思います。
福島県の猪苗代のスキー場ですね。
ものすごくたくさんのレースがありましたが、この時のことは一番良く覚えてるレース
だったかもしれません。
1本目でゴール前の最終ゲートに足を引っ掛けてゴールラインのタイム計測用の
光電管に激突して負傷し、スキー板も一部壊れたんですが...満身創痍の状態で、
2本目になんとか結果が出たレースだったと記憶してます。
変な写真に見えますが、これはプロのレースで...ちょうどこの場所がコースの途中に
数か所ある、高さが2メートル近いジャンプ台になってるんです。
ちょうど、スキーが半分ぐらい飛び出してますね。(^^)
飛び過ぎると、次のゲートをクリアできないので...あまり飛ばないように、下に潰しに
いくようなイメージです。




なぜ、急にスキーのことを思いだしたかというと...僕よりもっと上の年代に、有名な
スキーヤーでハンス・ヒンターゼアというオーストリアの選手がいました。
当時は「オーストリアの貴公子」と呼ばれて、人気と実力ともに素晴らしい選手でした。
小学生の頃には、憧れの存在でしたね。
hansi-hinterseer-8.jpg



オリンピックやワールドカップの世界からは引退した後、プロのスキーヤーに転向
したんですが、何度も来日してます。
僕は、2~3度会ったことがあるんですが...スキー場のピステの上で見る彼は、
衝撃的にカッコよかったですね。
技術もそうなんですが、一部始終の立ち振る舞いが...まさに超一流のプロでしたね。
hansi-hinterseer-5_convert_20150308224421.jpg

hansi-hinterseer-4_convert_20150308224403.jpg


ヨーロッパでは、どこに行っても「英雄」です。
hansi-hinterseer-6_convert_20150308224443.jpg



つい先日ですが、以前にTシャツを作っていただいたバーニーズのオーナーの方の
フェイスブックのお友達で、ハンスの動画を紹介していただいてた方がおられて、
その動画を見ました。
ほとんど雪の上でしか見たことない彼でしたが、意外な一面を見ることができて...
あらためて、彼の素晴らしさを再確認していたところです。
世界のトップに登りつめた人間は、多少なりとも驕りがでたりすることがある中、
彼にいたってはまったく、そんなそぶりもなく...どんな人に対しても、すごく優しく接する
ことができる人間だったことを覚えてます。
すべてにおいて尊敬できる人間です。
hansi-hinterseer-1_convert_20150308224249.jpg

hansi-hinterseer-2_convert_20150308224312.jpg



この動画を見て...また一段と彼の素晴らしさを再確認しました。
優しさが伝わってくる感じを受けました。
犬との関係が、また素晴らしい。
たくさんの愛情を持って接しているのがわかります。
「このようになりたい...。」って思います。(^^)

雪のライトブルー

まだ雪がたくさん残っている地方もありますが、徐々に少なくなってきて...春に
向かってますね。
たくさんの雪の中の写真を見せていただきましたが、雪のシーズンもほぼ
終盤でしょうね。

春や夏に爽やかなカラーのイメージだった「ライトブルー」が、雪の中でも
すごくきれいに映えることがわかりました。

だいたい、犬種を選ばずにきれいに映える色から順番に取り入れてますが、
このライトブルーもそうですね。
雪の中でも爽やかで、見ていると明るい気持ちになります。(^^)
特に太陽の下では、より鮮やかできれいです。
マークをツートンカラーにしたので、単に白一色よりもシャープな感じに見えます。
この冬は、ほんとに写真を楽しませていただきました。
新しい発見ばかりのシーズンでした。

これからの春、夏も楽しみにしてます。

夏に向けて、このTシャツの下に着る「インナー」を考えてみようかとも思ってます。
生地の作用からいくと...これを濡らして着せれば、気化熱効果である程度の冷却
も望めるかもしれません。(^^)v

Dai-45_convert_20150304103743.jpg

Dai-41_convert_20150304103629.jpg

Dai-43_convert_20150304103705.jpg

Dai-35_convert_20150212190129.jpg

Alex++Dai+-1_convert_20150212185845.jpg

coconut++Bush+LightBlue-22_convert_20150304103509_20150304121455cdb.jpg

coconut++Bush+LightBlue-21_convert_20150304121346.jpg

coconut++Bush+LightBlue-20_convert_20150304121332.jpg

coconut++Bush+LightBlue-19_convert_20150304121316.jpg

coconut++Bush+LightBlue-17_convert_20150304121252.jpg

Eddie-82.jpg

マークの剥がれ

いつも心配しているんですが...時々、こういうようにマークが浮いたり、剥がれたり
することがあります。
原因はいくつかあるんですが、ほとんどが熱圧着の機械の温度や圧力不足による
ものです。
サーモスタッドで温度が上がり下がりしてるんですが、上下いずれかの谷間に入った
時や、下の写真の場合は縫い目に近い部分で、圧力がかからなかったケースです。
気をつけてやってるんですが、たまに気がつかない時もあります。(^^;)
このような場合は、どうぞご連絡ください!
または、以下のように応急の対処方法もあります。



普段の作業では、このような専用のテフロンシートを使って圧着機械にかけるん
ですが、各ご家庭にはこのようなシートがないので、クッキングシートを代用します。
DSC_1863_convert_20150302194352.jpg

DSC_1864_convert_20150302194408.jpg


圧着機械の代わりに、アイロンを使います。
圧着機械の設定では140~150度ぐらいの設定ですが、アイロンがどの程度の
温度なのか?...わからないので、「中」ぐらいで大丈夫なのかと思います。

この場合、時間はほんの5~10秒までにしてください。
圧力が必要なので、マークの浮いてる部分に強く圧力がかかるように、まっすぐ
上から押し付けてください。
その時に、ぜったいにアイロンを動かさないでください。
アイロンを動かすと、マークがずれてしまいます。
上から、まっすぐ強く押し当ててください。
DSC_1865_convert_20150302194428.jpg


これは、圧着機械がない場合の応急処置のようなものなので...できれば郵送していた
だければ、機械で押さえて修復いたします。

その他の補修や、それ以外のことでも...何かありましたら遠慮なくご連絡ください!
プロフィール

HORIKAWA

Author:HORIKAWA
レトリバー、大型犬のオリジナルネーム入りウェア、Tシャツ、服の作成をしています。
各種スポーツウェアのマーキング技術を生かして、ラバーカッティングマークを使用して、個々ワンちゃんの名前が入ったオリジナルマークを犬用Tシャツやオリジナルウェアにプリントしています。

ホームページでも画像を見ていただけます。

最新記事
最新コメント
メールフォーム
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。